勉強

個性豊かな私立中学校

中学受験では、志望校や併願校を偏差値を基準に決めてしまいがちです。しかし、本来は併願校であっても通う事になっても後悔のないように学校の教育方針や部活なども含めてしっかりとした選択をする事が基本になります。中学受験での親の役割のひとつとしてお子さんにあった学校を選択する事も必要になります。

作文用紙

流れを理解する

小論文は作文とは違い、自分の意見や明確な理由をきちんと書くことが大切です。小論文の書き方には大まかな流れは除いて、その人物の個性や考えがわかります。小論文の書き方を理解し、練習して試験に臨むと良いです。

履歴書

プラスイメージでつなげる

せっかく就職をしても、敢えて退職をして進学する道を選ぶ人もいます。その場合の志望動機ですが、前向きな理由を答えることで周りの接し方も変わってきます。どうしてもスキルアップを目指す必要があるという信念を伝えることが大切です。マイナスイメージにならないよう、退職から志望動機をつなげるようにしましょう。

医師を目指す場合

男女

早めの受験対策が大切です

医師を目指す場合は医学部に合格する必要があります。そして医学部に合格するには、高校入学当初から真剣に受験対策をする必要があります。数学や英語が得意な人は、医学部の受験対策も余裕が出来る傾向があります。他方で数学が苦手な人は、早めに苦手意識を解消することが重要となります。また在籍している高校が、医学部への進学実績が高い場合は、日々の授業の予習と復習が重要となります。他方で医学部に合格するには、予備校の利用も有益な方法となります。予備校の講師陣は受験指導のプロであるために、真剣に授業を受ける事によって数学や英語を得意科目とする事が出来ます。医学部に合格するには、全科目の実力を向上させる必要があります。また予備校を利用する事によって、全国模試を受験できるメリットがあります。全国模試を早めに受験する事によって、自分の客観的な実力が判明します。また医学部に合格するには、小論文の能力を向上させる必要があります。特に私立系の医学部では、小論文の配点が高い大学も存在します。小論文対策としては、数多くの評論文や新聞などを熟読して、読解力を鍛えるようにしましょう。また数学を得意にする秘訣は、数式を覚えるのと同時に問題演習を多く解くことです。問題演習を解く事によって、解答のパターンを身につけることが可能となります。また国立大学の医学部に合格するには、現代文や世界史の知識も重要となります。そのため広範囲の勉強が必要となります。