個性豊かな私立中学校

勉強

偏差値で判断できない特徴

近年では、多くの家庭で中学受験を考えるようになってきました。高校や大学での受験をしないで済むように、一貫校や附属校を考えるご家庭もあります。また、現在の地元の公立中学校に対する不安感などから中学受験を考える場合もあります。どちらにしても大切な自分の子供を通わせる中学校に違いはありません。まだ小学生の受験生にはじめから自分の通いたい中学校を決めさせるのは難しい面もあります。確かにせっかく中学受験をするのですから、できるだけ良い中学校への進学を希望する気持ちはどのご家庭でも共通の事だとは思います。しかし、必ずしも進学実績や偏差値だけで学校の良さや校風が解る訳ではありません。特に中学受験では必ずしも第一志望の中学校に進学をできるとは言えません。ですので、偏差値が高いからといって確実にお子さんに適している学校かは判断が難しい面もあります。私立中学校には、大学附属の学校と高校までの一貫校とがあります。もちろん男子校をはじめ女子校や共学校という選択肢もあります。また、大学附属といっても、そのまま系列の大学に進学をする生徒が殆どの学校もあります。ですが、付属大学はあるものの多くの生徒は他大学への進学を希望していて実際に他の大学へ進学するような学校もあります。また、教育方針に関しても生徒の自主性を重視する学校では本人のやる気というものがとても重要になります。しかし、中堅校の中には管理の仕方で成績を大きく伸ばすようなスタイル中学校もあります。また、中学受験では、模試を受けて偏差値が出ると自分の希望している学校というよりも偏差値で志望校や併願校を決めてしまうご家庭も少なからずともあるようです。ですので、結果的に併願校に通う事になった時の事も考慮にいれて、偏差値よりも校風を重視してできるだけ志望校に近いスタイルの中学校を選択する事が中学受験における親御さんの役割のひとつになります。