流れを理解する

作文用紙

理解して練習すること

小論文は大学受験や就職試験で出題されることがあります。そのため、事前に対策として小論文の書き方を学ぶ必要があります。小論文とは、ある課題に対して自分の意見を論理的に述べる文章です。さらにその意見に対して明確な理由である答えを出す必要があります。小論文の書き方は、流れが重要となります。書き方には個性が出るため、論じることができていれば特に細かい決まりはありません。まず始めに問題提起をすることから始まります。なぜその課題に問題があるのか、読み手にわかりやすいように訴えかけることが大切です。問題提起をしたあとは、その問題に対して理解できる点についても論じると良いです。問題に対する否定的な意見ばかりではなく、良いと思う点についても論じることでさらに内容に説得力が増します。次に自分がその問題について疑問に思う点を深く論じます。問題提起は疑問に思う点や理解が難しい点を解決するためにあります。なぜそう思ったのかについて読み手が納得するように書く必要があります。その後は問題を解決する方法を客観的に考えて論じます。小論文は書き方を理解すると簡単に書くことができるようになります。自分の意見とその理由をしっかりと書くことが大切です。小論文の書き方によって、その人物の考え方を理解することができます。小論文だけでその人物の内に秘めた情熱や思いを読み取ることができるため、大学や就職試験の際に出題されることが多くなります。